記事一覧

USBシリアルでマウスカーソルがグルグルする話

秋月の超小型USBシリアル変換モジュール
AE-FT234X
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08461/

が何気に便利なので良く使っているが、時々USBに指したとたんに
マウスカーソルがぐるぐる回り続け、時々右クリックメニューが
パカパカ表示されることがある。

Win10固有の現象かと思いきや、Win7/64でも起きる

デバイスマネージャで見ると
Microsoft Serial BallPoint
として登録されるらしい。

秋月のHPにもこの情報は無い。

で、googleで探すと単純に
Microsoft Serial BallPointを無効にすればOKらしい。
http://eleclabyrinth.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

Microsoft Serial BallPointなんぞ一生つなぐ事は無いので
さっさと無効化しようとデバイスマネージャーを
開くが、そもそもカーソルがぐるぐるしているので
操作が出来ん。

AE-FT234XのUART入力がマウスイベントに変換されるので
UART入力側ケーブルを外してOKとなりました。

しかしFTDI側のバグだと思うんだけど何とかならんものか。

ログインすると勝手にスクリーンキーボードが表示される!?

何故かログインすると勝手にスクリーンキーボードが表示されるようになった。
いちいち消せば良いんだけど、リモートディスクトップで外から入ると、結構うざい。

原因は不明だが、これを見て対応。
http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/qadoc?QID=011805

最近原因不明が多いな。

らじる★らじる録音エラー REC3

結局録音時に-ssオプションを付ける事で以前と同じ動作になりました

・ -ss 40 オプションで先頭40秒をカット(余裕を見て40秒にしました)
・但しこのままだとお尻が微妙に切れるので録音時間に5秒足しています。

結果以下の通りです

DURATION=`expr $1 \* 60 + 5`

ffmpeg -loglevel quiet -y -ss 40 -t ${DURATION} -i ${aspx} -acodec libmp3lame -ab 48k -ar 44100 "${savedir}${filename}.mp3"

ズレの根本原因が解かっていないので対処療法なので
又何時破綻するか解かりませんが。

らじる★らじる録音エラー REC2

先日NHK録音をffmpegに変更したがどうも開始時刻より41秒前から記録が始まっている。

13:45開始の英語NEWSは13:44:19から録音されており、しかしながらDurationは正確なので番組最後が切れてしまっている。

cronは正確な時刻で起動しているようなので
らじる★らじる側からの送り出し時刻がずれているのかも知れない

他の録音を調べても41秒のずれは発生しているので、とりあえず先頭41秒を破棄するようにshellを変更した

↓こんな感じ

#DELETE ffmpeg -loglevel quiet -y -t ${DURATION} -i ${aspx} -acodec libmp3lame -ab 48k -ar 44100 "${savedir}${filename}.mp3"

ffmpeg -loglevel quiet -y -t ${DURATION} -i ${aspx} -acodec libmp3lame -ab 48k -ar 44100 "/tmp/${filename}.mp3"

ffmpeg -i "/tmp/${filename}.mp3" -ss 41 -t ${DURATION} -acodec libmp3lame -ab 48k -ar 44100 "${savedir}${filename}.mp3"

rm "/tmp/${filename}.mp3"

参考
https://qiita.com/yang_orz/items/4f19e88a456e56aadc55

ひょっとしたら
録音時に「 -ss 41 」を付ければ良いのかも知れないけど、それはまた後日で

らじる★らじる録音エラー

英会話講座や英語NEWSをLinuxサーバーで録音(正確にはストリーミングキャプチャ?)していたのだが、9月4日を最後に録音が出来ていない。

原因はらじる★らじるの配信がrtmpからHLS(HTTP Live Streaming) に完全移行し、rtmpを廃止した為にcronに登録したスクリプトがこけていた。

参考(http://tech.matchy.net/archives/241

サンプル(https://gist.github.com/matchy2/9515cecbea40918add594203dc61406c)を参考にスクリプトを修正

結果こうなった(NHK第2専用です)
-------------------------------------
#!/bin/sh

#ORG date=`date '+%Y-%m-%d-%H:%M'`
date=`date '+%y%m%d_%H%M'`
station=NHK2

if [ $# -eq 2 ]; then
DURATION=`expr $1 \* 60`
else
echo "usage : $0 duration(minuites) LABEL"
exit 1
fi

label=$2
ub="_"
filename=${date}${ub}${label}${ub}${station}
#echo ${filename}

mydir="/home/miya/radio/"
savedir="${mydir}${label}/"

if [ -d ${savedir} ]; then
echo ${savedir}
else
mkdir ${savedir}
fi


# 2017/09/27 https://gist.github.com/matchy2/9515cecbea40918add594203dc61406c

aspx="https://nhkradioakr2-i.akamaihd.net/hls/live/511929/1-r2/1-r2-01.m3u8"

ffmpeg -loglevel quiet -y -t ${DURATION} -i ${aspx} -acodec libmp3lame -ab 48k "${savedir}${filename}.mp3"
-------------------------------------

久々に

1年半以上放置でした。
その間にLEDパー2種類増えて合計12台になりました
操作卓も大中小3台になりました。
何処に向かっているのだろう。。。。(笑)

7月に寿歌やるので、ぼちぼち復活します

LED PARライトを買ってみた(分解編 その3)

LED側の写真
ファイル 12-1.jpg
どこかで見た様なレンズだ

ファイル 12-2.jpg
偶然1個外れた。
これは秋月電子のこれではないかと思いサイズを測ってみる

ファイル 12-3.jpg
残念ながら秋月は直径24mm、こちらは21mm
まぁ、探せばありそうだが3000円以上払ってレンズを替える事も
ないか。

ファイル 12-4.jpg
ちなみにLED側の直径は8mmでした。

LED PARライトを買ってみた(分解編 その2)

内部ユニットを取出したところ
ファイル 11-1.jpg
左からLED基板、ヒートシンク、FAN、レギュレーター電源、制御基板

ファイル 11-2.jpg
移動の振動とかで絶対緩みそうな組み方だ。
又はヒートシンクとの距離調整をし易くしているのか。(んなわけない)

ファイル 11-3.jpg
レギュレーター電源の出力は1系統のみ
出力は後で出てくるけど23V

ファイル 11-4.jpg
制御基板の様子
フラットケーブルは設定用の7Segとスイッチ、赤白黒の単線はDMX用
太い赤線はAC

ファイル 11-5.jpg
設定バネルの裏

LED PARライトを買ってみた(分解編 その1)

ヤフオクで108W、4in1のLED PARライトを購入

ファイル 10-1.jpg

2台で12800円
1台6400円 激安!!

しかし当然大陸製
早速通電してみるが、FAN音がやたらうるさく、
小劇場ではとても使えない orz

とりあえずFAN交換の可能性を探るべく分解してみる

ファイル 10-2.jpg
正面のカバーを外す

ファイル 10-3.jpg
ハンダ付けはこんな感じで手作り感満載

ファイル 10-4.jpg
そして何故かLEDユニットを取り付けてあるパネルのネジがひとつない!!

この謎は後に判明

清水邦夫作「楽屋」の舞台

ファイル 9-1.jpg

鏡はアルミ(0.1mm)の板を張って、ハレ防止にファンデーションを塗った。

電球は100Wの丸ボールをシーンに合わせて個別に点灯出来る様に照明の回路に入れている。

黒パネルは劇場の借り物なのでバインドで裏からグリグリ固定

格安で出来た割には概ね好評でした。

ページ移動